防災みえ.jp

区切り英語区切り中国語区切りハングル区切りポルトガル語区切りスペイン語区切り メール配信サービスへの登録はこちら! ツイッターはこちら! 更新
ホーム
緊急時のページ
緊急時お役立ち情報
くらしの防災
地域の防災
みえの防災
ホームみえの防災防災コラム>地震考古学から見た地震災害の歴史
みえの防災
防災コラム
平成18年10月03日

地震考古学から見た地震災害の歴史

 一四九八(明応七)年九月二〇日の午前八時。激しい地震が三重県を襲い、大津波が押し寄せた。伊勢神宮内宮の『内宮子良館記』には、大湊が壊滅し、伊勢・志摩で多くの人が津波に流されたと書かれている。
 これは、太平洋海底のプレート境界から発生した「明応東海地震」。東海から近畿の広い範囲が被害を受けた。
 この時、南海地震の記録は無いが、四国各地の遺跡発掘調査で貴重な成果が得られた。激しい揺れで、地下水と砂が流れ出す「噴砂」の痕跡が見つかり、遺跡に埋まっていた住居跡や土器の年代から、一五世紀末頃の地震跡とわかった。つまり、明応東海地震は南海地震と連動したのである。
 考古学の遺跡で地震の痕跡を調べるのが「地震考古学」。記録に残されていない地震を発見することが多い。
 東海・東南海・南海地震について調べると、百~二百年の間隔を保ちながら、ほぼ同時に発生し続けてきたと思われるので、次の発生でも連動する可能性が高い。
 明応の地震から少し後の一五八六(天正十三)年一月十八日。中部地域を活断層による大地震(天正地震)が襲った。琵琶湖東岸の長浜城では山内一豊の娘「よね」が圧死し、飛騨白川郷では帰雲城が大規模な地滑りで埋まってしまった。
 伊勢湾西縁の養老・桑名・四日市の各断層の他、岐阜県の阿寺断層などが同時に活動したと考えられる。そして、濃尾平野・琵琶湖沿岸・富山平野などの遺跡で、天正地震の痕跡が発見されている。
 大きな地震は繰り返し発生する。だから、過去の記録や遺跡を用いて「歴史に学ぶ」こともまた、将来の地震に対処する上で重要である。

独立行政法人産業技術総合研究所
主任研究員 寒川 旭

Copyright(C) Mie Prefecture, All Rights Reserved.
三重県 防災対策部